デリケートゾーンのにおい対策をマスターしよう。

そもそもなぜデリケートゾーンのにおいが酷くなるの?

生理前になってくるとムレやかゆみが心配・不安になるという女性も多いのではないでしょうか。ニオイがひどいけれども周りの友達に気軽に相談できることでもないですし、テレビなどのメディアでニオイ対策について紹介していることはまずないですよね。デリケートゾーンのにおいは雑菌が原因です。
きちんと洗っていないで雑菌の洗い残し
生理中のナプキンの交換を怠る
締め付けの強い下着や服を着る
などで雑菌が繁殖してしまいます。雑菌が大量に発生することでキツイにおいになります。
またデリケートゾーンのにおいは女性よりも男性の方が敏感なんてことも。ニオイのせいで彼と仲が悪くなるというのは絶対に避けたいですよね。
では、どうしたら良いのでしょうか。こちらで対策を学びましょう。

洗い方に着目したデリケートゾーンのにおい対策方法

まずは自身の洗い方を見直してみましょう。デリケートゾーンはその名の通り皮膚が薄いため他の部位よりもデリケートです。優しく洗ってあげる必要があります。タオルを使うよりかわ泡を使って揉みこんで洗うイメージで大陰唇・小陰唇までしっかり洗いましょう。
また、しっかり洗っている!という方もゴシゴシ洗いすぎているかもしれません。洗いすぎると「常在菌」と言う必要な菌も洗い流してしまいニオイを発生させる雑菌の繁殖を抑えられず増えてしまいさらには病気に感染しやすくなってしまうなんてこともあるようです。
そして注目してほしいのがデリケートゾーン専用の石鹸やクリームです。皮膚が薄く炎症もしやすいデリケートゾーンのための石鹸がネット通販を中心に購入でき、ニオイの原因の雑菌をきれいに洗い流すサポートをしてくれます。またクリームもつけるだけで対策になり、石鹸のように雑菌繁殖を抑えニオイを防ぐ効果が期待できるので是非石鹸・クリームをチェックしてみてください。

日中のムレを防いでデリケートゾーンのにおいを解決しよう

毎晩キレイに洗ったとしてもどうしても暑い日や動き回る日などであればデリケートゾーンの周りが汗いっぱいになってしまうことなど衛生が悪くなってしまいます。そのため日中にもムレを防ぐ・衛生を良くする必要があります。
外出時に洗浄トイレにいってキレイにしてあげるのも方法ですが、デリケートゾーンに使用可能なウエットティッシュを持ち歩くと良いでしょう。ウエットティッシュをかばんにいれておくだけでもしムレてしまったときもサッと手入れできると思います。
下着や洋服にも気を遣うひつようがあります。ナイロン素材やポリエステル素材のものは通気性が悪くムレの原因になり、よりにおいが強くなるかもしれません。生理時には特に通気性や吸湿性が良い下着を着るようにしましょう。
ナプキンもこまめに変える必要があります。ナプキンを放置しておくと雑菌もすごい勢いで繁殖してしまいニオイが発生します。下着、ナプキンに気をつかうだけで十分な対策になるでしょう。

ストレスをためない事がデリケートゾーンのにおいを防ぐのに大切

ストレスをためることで自律神経の動きに悪影響を及ぼし、ホルモンバランスが崩れてしまいます。崩れてしまった結果生理中にもニオイが強くなってしまうなんてこともあるようです。ストレスは体調を崩すもとでもあります。日頃からストレスを溜めないように特に生理中は過ごしていくことが対策です。また十分な睡眠をとることでカラダに負担をかけさせないのも必要です。その他生理中は栄養を十分にとり、カラダを大切にしていきましょう。
その他にもニオイ対策は様々なものがあります。ムダ毛処理や肉や脂質の分量に気を付けるという方法もあります。こちらで紹介したものは実行しやすいものばかりなので是非、試してみてください。少しでもニオイの悩みを晴らしましょう。