デリケートゾーンのにおい対策!防ぎ方や対処法は?

なぜデリケートゾーンからにおいが発生するのか

デリケートゾーンのにおいの対策をする前に知っておきたいのは、なぜ「におい」が発生するのかという事です。そしてその原因は一言で言うならば雑菌が関係しています。雑菌が残っており、そこから繁殖していくと独特のにおいを発生させてしまいます。繁殖する際、雑菌は老廃物を排出しますが、その老廃物が花に残るにおいの原因となるのです。

デリケートゾーンのあたりにかく汗、そして尿も付着します。あるいは血もつく事がありますが、それらから雑菌を繁殖させる原因に繋がり、においを発生させてしまいます。女性はこれらのほか、おりものも分泌されます。おりものはタンパク質が豊富に含まれているため、いわば雑菌の餌となりやすいものです。

さらに、汗にはアンモニアのほか、脂肪などが含まれます。これらの成分は雑菌にとっての栄養となりますし、デリケートゾーンにあるアポクリン汗腺から出る成分も影響して、雑菌が繁殖します。常に高温多湿な状態でありやすいデリケートゾーンなので、やはりお肌などに比べて雑菌が繁殖しやすいです。女性に限った話ではありませんが、陰部のお手入れは欠かせません。

デリケートゾーンの気になるにおいの防ぎ方

デリケートゾーンのにおいは、ご自身でも気になる事があるでしょうが、やはりパートナーがいる方にとって、敏感に気にする事かと思います。今のところにおいが無い人であったとしても、いずれはにおいが出てきてしまう可能性も考えられますので、未然に防ぐよう、対処する事が望ましいです。

基本的に、デリケートゾーンのにおいを未然に防ぐ方法としては、陰部を清潔に保つ事に尽きるでしょう。不衛生な状況でいますと、そこからにおいが発生してしまう可能性があります。あまりに放置すると、下着やズボンを履いているところからでも、周囲に伝わるほどのにおいが発生する場合もあるのです。

お風呂に入った時は丁寧に洗うようにします。かといって、無理やり力強く洗ったり、何度も重ねるように洗い続けるのはよくありません。デリケートゾーンは文字どおり、とてもデリケートな箇所となっています。皮膚は薄く、敏感なところなので、泡をたっぷりと用意し、指の腹を使って優しく洗ってあげましょう。

小陰唇や大陰唇の溝には、恥垢と言われる汚れが溜まりやすい傾向があります。そこにお湯をかけるだけでは簡単に落ちません。丁寧かつ優しく洗いたいという事ならば、デリケートゾーンを専用とする石けんを使用するのも一つの手段でしょう。

デリケートゾーンのにおい対策

デリケートゾーンから放たれるにおいをどうにかしたい場合、何かしらの対策をしなければなりません。まず対策として、綿の下着をつけるのが効果的です。ストッキングだったり、合成素材が使われていたりする衣類は、デリケートゾーンへの通気性を悪くするため、まさに高温多湿な状態を作り出してしまいます。風通しの良くなるような下着を身につけるべきです。

注意しなければならないのは、香水を使ってごまかす行為は避ける事です。ヨーロッパでは昔、体臭をごまかす方法として香水が使われていた文化がありますが、それはあくまで別の香りで隠しているだけで、根本的な解決には至りません。例えばパートナーと過ごす時には、そのような方法では完全に隠し切る事が出来ず、バレてしまいます。香水のにおいと混じり、余計に悪臭を強めてしまう可能性も考えられますので注意しましょう。

デリケートゾーンの汗を防いだり、雑菌を繁殖させないようにしたりするクリームを利用するなど、においを根本から解決する方法も良いです。汗のかきやすさなどは個人差があるため、放置しておいても自然に治るとは限りません。正しい対策をするようにしましょう。