夏は汗でデリケートゾーンが臭い?!ニオイの原因や対策を解説

デリケートゾーンのにおいがどうしても臭い

女性の誰しもがデリケートゾーンのにおいについて悩んだことがあると思います。けれどもデリケートゾーンのにおいの話題なんてそうそう友達間で出ることもないので自分一人で悩んでしまう方が多いようです。ふとした瞬間に自分でもニオイに気づきもしかしたら周囲の人も臭いのに気付いているのではと不安にもなる方も多いのではないでしょうか。
 デリケートゾーンのにおいの原因は細菌です。デリケートゾーンはいつもアンダーヘアや下着でおおわれているためムレやすく細菌が繁殖しやすい環境になっています。そのためニオイを発する細菌が大量にいることで強いにおいになってしまいます。夏場は特に大量の汗をかきやすいのでさらに汗によってムレやすくにおいが強くなる可能性が高くなります。では、どうしたら良いのでしょうか。

汗の始末などデリケートゾーンをしっかり清潔にしておく事がにおい対策の秘訣

最も大切なのがデリケートゾーンを不衛生にさせないことです。毎晩シャワーやお風呂に入る時はデリケートゾーンをしっかり丁寧に洗いましょう。洗う際には汚れが落ちにくい大陰唇・小陰唇もちゃんと洗います。けれども洗いすぎるのもよくありません。デリケートゾーンはその名の通り皮膚が薄いため強く洗ってしまうとかえって炎症をおこしてしまいます。そのため泡で優しく洗ってあげるようにしましょう。
ネット通販ではデリケートゾーン専用の石けんも販売されています。デリケートゾーンでも無理なく使える刺激の少ない石けんで洗うことでよりきれいにすることができるでしょう。様々な商品がネットにはあり、刺激を少なくしたものやニオイを消すのに特化したもの、安価で購入できるものなど多くあるため口コミをみながら商品を選ぶと良いでしょう。

日中のデリケートゾーンの手入れも行うのがにおい対策におすすめ

夏場は特に汗もかき、毎晩のシャワー・お風呂だけではどうしてもデリケートゾーンは不衛生になってしまいます。そのため日中にもケアをできるだけする必要があります。
まず近くにトイレがあるのであればトイレへ行き、ビデをしようして定期的にデリケートゾーンをきれいにしましょう。日中にもケアをすることでニオイを限りなく抑えることができます。もしビデがあるトイレが近くにない場合にはデリケートゾーンにも使用できるウエットティッシュを使用しましょう。汗の放置は雑菌繁殖につながってしまうため常にきれいにしておくことが大切です。
 また夏は特にデリケートゾーンがムレやすいのでアンダーヘアの手入れもおこない下着や洋服も締め付けの強いものは控えるようにしましょう。締め付けの強いものはこちらも汗をかいた際にムレやすく雑菌が繁殖しやすい環境を作ってしまうため控えましょう。
日中もいかに清潔な状態にしておくかがニオイを抑えるポイントになります。

食生活にも気を付けてデリケートゾーンのにおい対策を

デリケートゾーンは食事によってもにおいが強くなるのをご存知でしょうか。ニンニクやニラなど香りの強い食べ物を食べるとニオイがきつくなってしまいます。香りの強い食べ物を食べた後汗からもニオイが出ます。アポクリン汗腺があるデリケートゾーンは他のカラダの部位と比較してもかなり汗が出やすいため、デリケートゾーンからもニオイが強くなってしまうのです。
特にニオイを抑えたいという時には食生活にも気をつける必要があります。
また食生活だけでなく普段ストレスを溜めないようにすることや生活習慣にも気を付けることなどの一見デリケートゾーンのにおいとは関係のなさそうなところも関係しています。今一度自分の一日を見直して、少しでもデリケートゾーンに優しい生活をするようにしていきましょう。