夏は汗でデリケートゾーンが臭い?!ニオイの原因や対策を解説

デリケートゾーンのにおいがどうしても臭い

女性の誰しもがデリケートゾーンのにおいについて悩んだことがあると思います。けれどもデリケートゾーンのにおいの話題なんてそうそう友達間で出ることもないので自分一人で悩んでしまう方が多いようです。ふとした瞬間に自分でもニオイに気づきもしかしたら周囲の人も臭いのに気付いているのではと不安にもなる方も多いのではないでしょうか。
 デリケートゾーンのにおいの原因は細菌です。デリケートゾーンはいつもアンダーヘアや下着でおおわれているためムレやすく細菌が繁殖しやすい環境になっています。そのためニオイを発する細菌が大量にいることで強いにおいになってしまいます。夏場は特に大量の汗をかきやすいのでさらに汗によってムレやすくにおいが強くなる可能性が高くなります。では、どうしたら良いのでしょうか。

汗の始末などデリケートゾーンをしっかり清潔にしておく事がにおい対策の秘訣

最も大切なのがデリケートゾーンを不衛生にさせないことです。毎晩シャワーやお風呂に入る時はデリケートゾーンをしっかり丁寧に洗いましょう。洗う際には汚れが落ちにくい大陰唇・小陰唇もちゃんと洗います。けれども洗いすぎるのもよくありません。デリケートゾーンはその名の通り皮膚が薄いため強く洗ってしまうとかえって炎症をおこしてしまいます。そのため泡で優しく洗ってあげるようにしましょう。
ネット通販ではデリケートゾーン専用の石けんも販売されています。デリケートゾーンでも無理なく使える刺激の少ない石けんで洗うことでよりきれいにすることができるでしょう。様々な商品がネットにはあり、刺激を少なくしたものやニオイを消すのに特化したもの、安価で購入できるものなど多くあるため口コミをみながら商品を選ぶと良いでしょう。

日中のデリケートゾーンの手入れも行うのがにおい対策におすすめ

夏場は特に汗もかき、毎晩のシャワー・お風呂だけではどうしてもデリケートゾーンは不衛生になってしまいます。そのため日中にもケアをできるだけする必要があります。
まず近くにトイレがあるのであればトイレへ行き、ビデをしようして定期的にデリケートゾーンをきれいにしましょう。日中にもケアをすることでニオイを限りなく抑えることができます。もしビデがあるトイレが近くにない場合にはデリケートゾーンにも使用できるウエットティッシュを使用しましょう。汗の放置は雑菌繁殖につながってしまうため常にきれいにしておくことが大切です。
 また夏は特にデリケートゾーンがムレやすいのでアンダーヘアの手入れもおこない下着や洋服も締め付けの強いものは控えるようにしましょう。締め付けの強いものはこちらも汗をかいた際にムレやすく雑菌が繁殖しやすい環境を作ってしまうため控えましょう。
日中もいかに清潔な状態にしておくかがニオイを抑えるポイントになります。

食生活にも気を付けてデリケートゾーンのにおい対策を

デリケートゾーンは食事によってもにおいが強くなるのをご存知でしょうか。ニンニクやニラなど香りの強い食べ物を食べるとニオイがきつくなってしまいます。香りの強い食べ物を食べた後汗からもニオイが出ます。アポクリン汗腺があるデリケートゾーンは他のカラダの部位と比較してもかなり汗が出やすいため、デリケートゾーンからもニオイが強くなってしまうのです。
特にニオイを抑えたいという時には食生活にも気をつける必要があります。
また食生活だけでなく普段ストレスを溜めないようにすることや生活習慣にも気を付けることなどの一見デリケートゾーンのにおいとは関係のなさそうなところも関係しています。今一度自分の一日を見直して、少しでもデリケートゾーンに優しい生活をするようにしていきましょう。

デリケートゾーンのにおいを市販石けんで抑えよう!口コミとともに紹介!

そもそもなんでデリケートゾーンのにおいはキツくなるの?市販の石けんで解決できるの?

デリケートゾーンのにおいって特に生理前や生理中に気になってしまいますよね。大切なパートナーと一緒にいるときや狭い密室空間などでは特にニオイがしているのではないかと心配です。デリケートゾーンのにおいは病気の場合を除いて雑菌が大きく関係していると言われています。デリケートゾーンはムレやすく汗も大量にかき雑菌が繁殖しやすい状況へと陥ります。そんな環境にならないよう対策が必要です。
 ニオイを抑えるためにもデリケートゾーンを常に清潔にしておくことが大切です。そのためにきちんと洗う他にも石けんなどを選んでよりキレイな状況へ近づけます。市販の石けんには残念ながらデリケートゾーンのにおい専用の石けんは販売していないようです。けれども、デリケートゾーンを清潔にできるものなどから専用ではないもののにおい解決へと近づけられる石けんはあります。口コミも並べて紹介するので是非チェックしてみてください。

デリケートゾーンを痛めるとにおいの原因に?

デリケートゾーンのにおいをおさえるためにも、お風呂に入った際にはゴシゴシ洗っている方も多いようです。それなのにニオイは強いままで変わらない・・・なんて方もいます。デリケートゾーンのにおいは洗浄のしすぎも原因の一つにあります。デリケートゾーンをしっかり洗うことで雑菌をとることも大切ですが、デリケートゾーン専用石けんでない限り洗いすぎるとかゆみが発生します。肌が敏感な場所でもあります。そのため「敏感肌にも優しい」「肌に刺激が少ない」といった石けんを選びましょう。優しく洗いすぎない程度に石けんで洗ってにおいが弱くなったといった方もいます。

天然成分由来を多く含んだ石けんを選びデリケートゾーンのにおいの対策を

「アンボーテ」はにおいを解決したという口コミが多い石けんです。アンボーテは、日本ではじめて有機認証COSMOSの基準を満たした安心の石けんであり、様々な方が使用しています。95%以上がオーガニック成分で一般的なボディソープと比較しても肌に優しくしっかり洗うことができるという口コミもあります。またアンボーテの成分には清潔にさせる効果だけでなく保湿効果も期待できる成分が多く配合されている他、優雅な香りも配合されています。使用した方も満足度がとても高いためこれだけの効果があるため試してみる価値ありです。

デリケートゾーンのにおいのために市販の石けんを選ぶ際にはどのようなものを選んだら良いの?

市販の石けんはカラダをキレイにするための目的で作られているため、アルカリ性や肌への刺激が強い・そして洗浄力が徹底されているものが多いです。ですが使用した方ではかえって逆効果なんて方もいます。無駄な香料によって膣内のバランスが崩れるというケースも口コミの中ではみられるため市販のボディソープを選ぶ際には注意が必要です。
デリケートゾーンは酸性に近い部位です。石けんがアルカリ性であれば相反するものであり肌に負担がかかるため選ぶ際には弱酸性を選びましょう。またベビー石けんなどは肌の弱い赤ちゃんのために作られた石けんであり、デリケートゾーンにも優しく使用ができるようです。タオルではなく泡で優しく揉みこんで洗って汚れの解決ができ、ニオイを抑えられた方もいるため使用してはいかがでしょうか。
その他デリケートゾーンを洗う石けんを選ぶ際には殺菌力や消臭力に特化したものや肌荒れを防ぐための保湿力、泡で優しく洗うための泡立ちの良いもの、天然由来・無添加・無香料といった安全性にこだわったものを選びましょう。市販の石けんでもニオイを抑えられるかもしれません。

デリケートゾーンのにおいケア3選!まずはこれを試してみよう

デリケートゾーンのにおいのケア

デリケートゾーンのにおいってどうしても気になってしまいますよね。特に生理中はにおいがしなくてもにおいが発生しているのではないかとつい不安になってしまいます。またデリケートな部分であるため友達など周囲の人にカンタンに相談できるものでもないのがデリケートゾーンのにおいのつらさも一つでもあります。ニオイの原因は細菌が考えられるそうです。ムレやすい部分でもあり細菌にとっては最高の環境であるため繁殖して強いニオイが発生するのです。その細菌を作り出すものは
●ナプキンによるもの
●ボディソープによるもの
●汗やムレによるもの
などがあるようです。デリケートゾーンのニオイ、何とか解決したいです。こちらではデリケートゾーンのケアについて紹介します。においケアして悩みを晴らしましょう。

①きちんとした洗い方でデリケートゾーンの清潔を保ちにおいを解決

まずデリケートゾーンをしっかり洗うことが一番のにおいケアになります。ですが、デリケートゾーンは他のカラダの部位と違い皮膚は薄いためで力いっぱいゴシゴシ洗うと痛めてしまい炎症のもとですし悪化するなんてことも・・・。そのためタオルではなくたっぷりと泡と指の腹をうまく使用して優しく揉みこむように洗います。恥垢や汚れがとても溜まりやすい大陰唇・小陰唇はしっかり洗わなければキレイにならないのでこちらは特に念入りに洗いましょう。ニオイだけでなくかゆみがある場合は洗い方が不十分のサインですのでかゆみがあるかたはまずは洗い方をマスターしましょう。
また丁寧に洗っているはずなのにニオイがやはり気になる、カラダと同じボディソープで洗うとかゆくなるという方はデリケートゾーン専用の石鹸を使用すると良いでしょう。石鹸は種類によって様々でニオイをとるのに重点をおいているものやかゆみを抑え肌に優しいものまであります。ネットで購入が可能ですので是非チェックしてみてください。

② デリケートゾーンのにおいに良い専用クリームを使用する

デリケートゾーンのニオイをとる専用のクリームがあるのをご存知でしょうか。インターネットで検索したらわかるのですが、ネット通販を中心にデリケートゾーンのにおいケアのための様々なクリームがあります。肌を痛めることのなく優しいクリームも多くあり、自身に合った専用クリームをみつけてみましょう。専用クリームの中には「シメン-5―オール」と呼ばれる厚生労働省認定の薬用有効成分が配合されているものもあります。これはニオイの原因となる細菌を徹底して殺菌してデリケートゾーンを清潔な環境に保つ効果が期待できるようです。多すぎてどれを選べば良いかわからないという方はこの「シメン-5-オール」が配合されているものを選ぶと良いでしょう。また商品によっては万が一合わなかった場合の全額補償やコンパクトサイズのものなどもあり様々です。是非チェックしてみてください。

③ デリケートゾーンのにおい対策として生理中はナプキン交換をしっかり行う

生理中はどうしてもデリケートゾーンのにおいが気になってしまいますよね。例え少し面倒であっても生理中はナプキン交換をこまめにすることをオススメします。
ナプキン交換のメリットはナプキンからのニオイがしなくなるだけでなくデリケートゾーンの細菌繁殖を少しでも抑えられるというのもあります。少しでも清潔でいられるようにナプキン交換はおこないましょう。
また少しでもムレを抑えるために下着はゆったりとしたもの、そしてファッションもタイトなものを避けるなど工夫をすると良いでしょう。締め付けのきつい下着はファッションは高温多湿の場所を作ることになり、細菌にとっては最高の場になってしまいます。

デリケートゾーンのにおいの悩みは市販の商品で解決しよう

デリケートゾーンのにおい対策を市販の商品で出来る?

デリケートゾーンのにおいをどうにかして解決したい、解消したいと考えられる人は少なくないと思います。必死に洗ってもすぐににおいが出てしまう、なかなか治らないという場合、市販の商品でどうにか出来ないかと考えるのではないでしょうか。

実際のところ市販にてデリケートゾーンのにおいを解消するような商品が売られているかどうかですが、「においそのものを消す」事を目的にしている商品は、販売されていません。かゆみ止めのような症状を抑えるものは市販に存在するものの、においの悩みを解決するものは売られていません。

デリケートゾーンのにおいには市販の専用石鹸がおすすめ

デリケートゾーンのにおいを市販の商品で解決したい場合には、においを消す商品ではなく、雑菌や汚れを落とすような専用の石けんを購入する方が近道です。というのもの、デリケートゾーンににおいが発生してしまう原因は雑菌です。汗や尿、血液など、様々なものが影響して雑菌が繁殖し、その結果、においを引き出してしまいます。

市販で見つけられない場合には薬局やドラッグストアを利用すると、専用の石けんが見つけられるはずです。それでもお近くの店舗に見つからない場合には、ネット通販を利用すると、見つけられる可能性が高いです。デリケートゾーン専用の石けんは、洗浄力が高い一方で、刺激が弱くなっています。デリケートゾーンのような、皮膚が薄く繊細な箇所に適しており、気になる汚れ、雑菌をしっかり落とせるでしょう。

デリケートゾーンのにおい対策商品を薬局やドラッグストアで買うのが恥ずかしいなら

デリケートゾーンのにおいの解消に役立つ、専用の石けんなどについては、薬局やドラッグストアに行けば大抵見つけられます。しかし、用途がデリケートゾーンに使う商品であるため、人によっては買うのが恥ずかしいと思ってしまうはずです。できれば、自宅の近くの薬局で毎回買うような事は避けたいと思うのではないでしょうか。

デリケートゾーン用の石けんはネット通販でも購入する事が可能です。しかし中には、家族にバレてしまうのではないかと、新たな心配を抱えてしまう人もいるでしょう。多くの場合、デリケートゾーン用の石けんなどの繊細な商品については、品名が化粧品と書かれているのがほとんどです。そのため、家族にはもちろん、配達員の人にもデリケートゾーンのにおい対策に向けた石けんを買っているという事はバレません。

デリケートゾーン専用の石けんはにおいに限らず様々なメリットが

薬局やドラッグストアに売られているデリケートゾーンのにおい対策のための専用の石けんは、様々なメリットがあります。刺激が弱く、しっかり汚れを落とせる他、無添加なので肌に優しいです。また、殺菌力は高いものの、常在菌は落とす事なく綺麗に処理できます。さらに、デリケートゾーンの黒ずみに関する対策も同時に行えるのも利点でしょう。

また、専用の石けんですと、保湿力があります。デリケートゾーンが乾燥すると、それもまたにおいの原因となりますので、適度に保湿してあげる事は必要です。さらにかゆみを抑える効果が含まれている石けんも多いため、デリケートゾーンのお悩みをまとめて解消できるのはとても便利なところでしょう。

デリケートゾーンのにおい対策!防ぎ方や対処法は?

なぜデリケートゾーンからにおいが発生するのか

デリケートゾーンのにおいの対策をする前に知っておきたいのは、なぜ「におい」が発生するのかという事です。そしてその原因は一言で言うならば雑菌が関係しています。雑菌が残っており、そこから繁殖していくと独特のにおいを発生させてしまいます。繁殖する際、雑菌は老廃物を排出しますが、その老廃物が花に残るにおいの原因となるのです。

デリケートゾーンのあたりにかく汗、そして尿も付着します。あるいは血もつく事がありますが、それらから雑菌を繁殖させる原因に繋がり、においを発生させてしまいます。女性はこれらのほか、おりものも分泌されます。おりものはタンパク質が豊富に含まれているため、いわば雑菌の餌となりやすいものです。

さらに、汗にはアンモニアのほか、脂肪などが含まれます。これらの成分は雑菌にとっての栄養となりますし、デリケートゾーンにあるアポクリン汗腺から出る成分も影響して、雑菌が繁殖します。常に高温多湿な状態でありやすいデリケートゾーンなので、やはりお肌などに比べて雑菌が繁殖しやすいです。女性に限った話ではありませんが、陰部のお手入れは欠かせません。

デリケートゾーンの気になるにおいの防ぎ方

デリケートゾーンのにおいは、ご自身でも気になる事があるでしょうが、やはりパートナーがいる方にとって、敏感に気にする事かと思います。今のところにおいが無い人であったとしても、いずれはにおいが出てきてしまう可能性も考えられますので、未然に防ぐよう、対処する事が望ましいです。

基本的に、デリケートゾーンのにおいを未然に防ぐ方法としては、陰部を清潔に保つ事に尽きるでしょう。不衛生な状況でいますと、そこからにおいが発生してしまう可能性があります。あまりに放置すると、下着やズボンを履いているところからでも、周囲に伝わるほどのにおいが発生する場合もあるのです。

お風呂に入った時は丁寧に洗うようにします。かといって、無理やり力強く洗ったり、何度も重ねるように洗い続けるのはよくありません。デリケートゾーンは文字どおり、とてもデリケートな箇所となっています。皮膚は薄く、敏感なところなので、泡をたっぷりと用意し、指の腹を使って優しく洗ってあげましょう。

小陰唇や大陰唇の溝には、恥垢と言われる汚れが溜まりやすい傾向があります。そこにお湯をかけるだけでは簡単に落ちません。丁寧かつ優しく洗いたいという事ならば、デリケートゾーンを専用とする石けんを使用するのも一つの手段でしょう。

デリケートゾーンのにおい対策

デリケートゾーンから放たれるにおいをどうにかしたい場合、何かしらの対策をしなければなりません。まず対策として、綿の下着をつけるのが効果的です。ストッキングだったり、合成素材が使われていたりする衣類は、デリケートゾーンへの通気性を悪くするため、まさに高温多湿な状態を作り出してしまいます。風通しの良くなるような下着を身につけるべきです。

注意しなければならないのは、香水を使ってごまかす行為は避ける事です。ヨーロッパでは昔、体臭をごまかす方法として香水が使われていた文化がありますが、それはあくまで別の香りで隠しているだけで、根本的な解決には至りません。例えばパートナーと過ごす時には、そのような方法では完全に隠し切る事が出来ず、バレてしまいます。香水のにおいと混じり、余計に悪臭を強めてしまう可能性も考えられますので注意しましょう。

デリケートゾーンの汗を防いだり、雑菌を繁殖させないようにしたりするクリームを利用するなど、においを根本から解決する方法も良いです。汗のかきやすさなどは個人差があるため、放置しておいても自然に治るとは限りません。正しい対策をするようにしましょう。